東京総合保健福祉センター
江古田の森
採用WEB

はたらく人

入職1年目(2018年度 新卒入職)
介護福祉士
特別養護老人ホーム(介護職)

INTERVIEW
「こんなに楽しい介護があったとは!」

入職を決めたポイントは?

実習先も含めて5施設ぐらい候補があったのですが、最終的には決め手になったのは働いている人の雰囲気です。実は特養か老健かで絞り込めずにいたので、複合施設なら入ってから考える余地があるかなとも思いました。そういう気持ちをそのまま面接でも話したのですが、寛大に受け入れてもらえたというのもあります(笑)。大学の先輩が何人か働いていたので、その点でも安心できました。

実際に入職してみた江古田の森は?

スタッフ同士の人間関係が良くて、いやな人が一人もいない!大学の友だちもこの業界が多いので話を聞くこともありますが、「うちが一番」といつも思います。実は、施設やグループの規模の大きさに気づいたのは入職後なんです。私は宮城県出身なのですが、親から「こっちにも南東北グループの病院があるよ」と言われて(笑)。なにより「人」が魅力の施設だと思います。

仕事でこだわっていることは?

私の担当はショートステイなので、同じ特養でも長期入所の利用者さんに比べると自立度が高く、自分の話を聞いてもらいたい方が多いです。なのでたくさん話をするようにしています。「旦那さんとどうやって知り合ったの?」みたいな感じで恋愛や仕事の話を伺ったり、逆に私が自分の話を聞いてもらうこともあります。ガンガンいっぱいアドバイスくれます(笑)。

入職1年目(2018年度 新卒入職)介護福祉士 特別養護老人ホーム(介護職)
利用者さんとのエピソード

気難しい方が突然ご自分のことを話してくださったことがあって、「信頼していただけたのかな」とうれしくなりました。まだ経験は浅いのですが、新人だと孫感覚で話してもらえるのかもしれません。「あなたたちのおかげで生活できてる」という言葉を聞いたときはうれしい反面、責任の重さも感じました。

職場の仲間とのエピソード

先輩たちを見ていて「スゴイな」と思うのは会話力です。利用者さんに対する態度が自然体というか、職員同士で話すトーンとまったく変わらないんです。実際見るとほんっとにスゴイ(笑)。自分もあんなふうになれるのかなとつくづく尊敬します。そういう先輩ともたくさん話をしたいので、飲みに行ってもつい仕事の話ばかりになっちゃいますね。

入職1年目(2018年度 新卒入職)介護福祉士 特別養護老人ホーム(介護職)
職場の雰囲気

先輩後輩がなんでも話せる雰囲気があって、事務長や所属長以上の方と話す機会もあります。

入職1年目(2018年度 新卒入職)介護福祉士 特別養護老人ホーム(介護職)
目標、夢

今の目標は、‥‥余裕を持ちたい(笑)。利用者さんを待たせてしまったり、待たせた利用者さんに「さっきはありがとう」と言っていただいたりすると、同じ仕事をやっているはずなのに先輩たちのようにはできない自分にもどかしさを感じます。先輩を目標にして、そのノウハウを吸収したいです。

介護・福祉の世界を目指す方へ

今、一番伝えたいのは「楽しい」ということ。これから実習に行って介護の現場を知る学生さんの中には、辛いと感じる人もいるかもしれません。実は私もそうでした。内定をもらって入職するまでの間も「私が介護の仕事をできるのか」と不安でした。でも実際に入ってみたらあまりにも楽しくて「あの不安は何だったの?」と思うぐらい楽しいです。失敗ももちろんありますが、介護は心から楽しいと思える仕事です。

入職1年目(2018年度 新卒入職)介護福祉士 特別養護老人ホーム(介護職)