東京総合保健福祉センター
江古田の森
採用WEB

はたらく人

入職2年目(2017年度 中途入職)
介護福祉士/社会福祉士
デイサービスセンター(生活相談員)

INTERVIEW
「やさしさが連鎖する職場」

入職を決めたポイントは?

以前は特別養護老人ホームで介護職をしていましたが、もともと相談員志望だったので、希望職種に転職できるということがひとつ。もうひとつは、江古田の森は複合施設なのでいろんな事業所を回れるというところが魅力でした。

自分に合う職場と出会うコツ

自分の目で実際に見る!私は毎月開催されていた就職説明会に参加し、その際に施設見学もさせてもらいました。江古田の森の第一印象は「活気がある」でした。そして見て回るうちに「職員の数が多い」と気がつきました。少ない人数で回していると、余裕が無いのが表情に出てしまったりします。職員や利用者さんの表情は、見学時のチェックポイントです。

入職2年目(2017年度 中途入職)介護福祉士/社会福祉士 デイサービスセンター(生活相談員)
実際に入職してみた江古田の森は?

現在はデイサービスの相談員をしていますが、前職の特養と比べると介護度の低い元気が利用者さんが多く、同じ介護の世界でも「分野がまったく違う」という印象です。相談員の仕事は、本人だけでなく関係する皆さんが安心して利用者さんを預けられる環境づくり。ケアマネージャーさんやご家族とのやりとりの機会も多く、これまでとはまったく違う仕事が新鮮で、やりがいの大きさを実感しています。

仕事でこだわっていることは?

以前の職場では介護職でしたので、現場の気持ちが分かる相談員でありたいと思っています。利用者さんを支えているのはご家族なので、ご家族の意向にきめ細かく対応したいというのが基本ですが、現場は何でもかんでも対応できるわけではありません。ご家族と現場、それぞれの意向をバランスよく汲み上げ、現場が支援しやすいように情報収集するように心がけています。

入職2年目(2017年度 中途入職)介護福祉士/社会福祉士 デイサービスセンター(生活相談員)
利用者さんとのエピソード

認知症の利用者さんだとスタッフの名前を覚えてもらうのもなかなか難しいのですが、今のデイサービスでは、利用者さんご本人から「Tさーん」と声をかけていただくことも多くて、「相談員の自分のこと、覚えてくれてるんだ!」と思うとうれしくなります。利用者さんが自分から相談に来てくださったりもするのですが、そういうことも前職(特養)では経験しなかったことです。

職場の仲間とのエピソード

働いている人みんなが優しいです(笑)。スタッフみんなが利用者さんやご家族のにために同じところを目指し、互いにフォローし合うのが自然にできる職場。当たり前のことかもしれないですが、利用者さんに対してだけでなくスタッフ同士も優しくて、人間関係が和やか。働きやすい職場です。

入職2年目(2017年度 中途入職)介護福祉士/社会福祉士 デイサービスセンター(生活相談員)
目標、夢

せっかくこれだけ事業所が揃っている施設で働いているので、いろんな事業所を回って相談員としての経験・知識・スキルを身につけたいです。異動の希望が出せるように制度も整っていますし、江古田の森で働いている人はそういうキャリアをイメージしている人が多いと思います。私は今のデイサービスで経験を積んだ後は、特養などの入所系の施設を改めて相談員の立場で経験してみたいですね。

やりがい

通所サービスの場合は、家族は通わせたい、利用者さん本人には抵抗感があるというパターンが典型的。特に認知症のある方は「家に戻れないのでは」と不安を抱える方もいます。どうしたら利用してもらえるかという難しさが常にありますが、介護職員と一丸になって取り組み、ご家族とご本人のギャップを埋めることができたときは「よしっ!」という達成感があります。そういう利用者さんが通ってくれている姿を見るとやりがいを感じます。

入職2年目(2017年度 中途入職)介護福祉士/社会福祉士 デイサービスセンター(生活相談員)