東京総合保健福祉センター
江古田の森
採用WEB

はたらく人

入職7年目(2011年度 新卒入職)
介護福祉士
特別養護老人ホーム(介護職)

INTERVIEW
「利用者さんから野球のダメ出し(笑)」

入職を決めたポイントは?

地元が中野区なので、開発が始まった頃から大規模な計画ということは漠然と知っていたのですが、就職を考えたときに「そういえばあの『東京総合保健福祉センター』って何?」と改めて調べてみたら、なんと日本最大級で自分の理想に近い複合施設だと分かりました。福祉・介護のサービスがひと通り揃っているので、介護のいろいろなシーンを経験して、その経験の一つひとつがつながっていくようなキャリア形成ができるんじゃないかと思いました。

実際に入職してみた江古田の森は?

母体である南東北グループの規模が想像以上に大きくてびっくりでした(笑)。毎年、本拠地である福島県郡山市で開催される運動会や球技大会といったイベントがあるのですが、グループ全体から何百人も参加してとても盛り上がります。交換研修という制度もあって、グループの福島県内の施設で2〜3日の研修があります。この研修では、車で避難指示区域ギリギリまで行ってバリケードの向こう側の様子を見学したりと、仕事とはまた違った体験もできました。

仕事でこだわっていることは?

自分がされたらいやなことはしない。もし自分が介助や介護をされる側だったらどんな気分か想像するということです。それから、とにかく楽しく笑ってもらいたいので、堅苦しくなく接すること。1日に1度でも2度でも笑いを引き出せたらと思います。新人の頃は緊張して意識しちゃってましたが、それも段々と自然体でできるようになりました。

入職7年目(2011年度 新卒入職)介護福祉士 特別養護老人ホーム(介護職)
利用者さんとのエピソード

私は職員で作る野球チームに参加しているのですが、ある通所リハビリの利用者さんが試合を観に来てくれるようになったんです。休みがちな男性の利用者さんだったので、ご家族と一緒にわざわざ車椅子で応援に来てくれたのはちょっと意外でした。と言っても、勝っても負けてもダメ出ししかしないんですけど(笑)、それをきっかけにリハビリにも通ってきてくれるようになったんです。

職場の仲間とのエピソード

入職して最初の4年は通所リハビリセンター、次に特別養護老人ホームに異動になったのですが、通所リハビリセンターは日祝が休みなので同期や同世代の職員同士でとよく旅行に行きました。7、8人で新潟にスキー・スノボ旅行に行ったとき、東京のほうが大雪でなかなか車が進まず、早朝やっと戻れてそのまま出勤したのも今となっては楽しい思い出です。

入職7年目(2011年度 新卒入職)介護福祉士 特別養護老人ホーム(介護職)
介護職員の休日って?

シフトは、職員が提出した希望休に基づき担当者が組みます。翌月よりも先の予定も事前相談OK。夜勤は16時〜翌9時30分(仮眠2時間含む)で次の日が休みなので、うまく計画を立てれば平日に旅行に行ったりできます。

入職7年目(2011年度 新卒入職)介護福祉士 特別養護老人ホーム(介護職)
目標、夢

高齢者介護では利用者さんの多様性に応じたサービスが求められるので、とにかくたくさんの事例に携わってみたいと思っています。特にこれからの時代、在宅介護のニーズがまだまだ伸びると思うので、次に異動するとしたら訪問系のサービスに興味があります。同じ利用者さんでも、施設で見せる顔とご自宅での顔は違うと聞いているので、そういうことも経験してみたいです。

介護・福祉の世界を目指す方へ

その人の生活の一部を支えてあげるということは、その仕事を通じてご家族も支えるということ。人の命を支えるってどういうことなのか、仕事を通して教えられることがたくさんあります。体力もメンタルの強さもそれなりに必要ですが、自分の仕事が人や社会に生かされている実感も大きい仕事です。介護の世界を目指している皆さん、江古田の森でそんな仕事を一緒にしましょう!

入職7年目(2011年度 新卒入職)介護福祉士 特別養護老人ホーム(介護職)