東京総合保健福祉センター
江古田の森
採用WEB

江古田の森について
はたらく環境

一生働ける安心

公園の中に立つ、自然環境抜群で大災害対策にも万全な施設

東京23区内で、これほど自然が豊かな場所は多くないでしょう。夏にはカブト虫採りをする子供たちが施設周辺で遊び、利用者さんを楽しませてくれます。そんな利用者さんを見るのも、職員が癒やされるひとときです。江古田の森公園は中野区の広域避難所でもあり、災害時に区民を守る安全なエリア。また、施設は福祉避難所スペースや災害時の備蓄品を確保している安全な施設と言えます。

公園の中に立つ、自然環境抜群で大災害対策にも万全な施設

協力医療機関は同グループ法人が運営する「総合東京病院」

隣接している総合東京病院は、同一グループ法人医療財団法人健貢会が運営する451床の総合病院。江古田の森利用者が急変した場合の東京総合病院への救急搬送率はほぼ100%。救急搬送をする必要があるか迷った時は、医療連携支援センターのスタッフからアドバイスを受けることができます。利用者はもちろん、職員も安心して仕事をすることができます。

協力医療機関は同グループ法人が運営する「総合東京病院」

協力歯科医療機関のバックアップ体制

協力歯科医療機関として、中野区歯科医師会や地元のヤマザキ歯科の先生方が利用者の健診や治療を担当してくださっています。口腔ケアを嫌がる利用者さんをケアするときは、噛まれたりする危険がありますが、江古田の森は安心。協力歯科の先生方が、安全で適切な口腔ケアを個別指導も含めて熱心に教えてくださいます。

協力歯科医療機関のバックアップ体制

事業所内保育所

江古田の森の中には、職員専用の保育施設「もりのほいくえん」があります。0歳から2歳児まで12人定員でマイカーでの通勤も可能です。園児は施設内の利用者さんとも定期的に交流しています。子どもの成長を見届けながら安心して仕事ができる環境を整えています。

事業所内保育所

公休数122日

平成31年4月より、公休数を109日から122日に変更しました。1日の就業時間は8時間。「きっちりと仕事」をして、「しっかり休む」をモットーとしています。

公休数122日

正規職員率91%

同一グループ法人の特徴の1つに、「正職員の割合い」があげられます。当センターで働く職員のうち正規職員は91%。働く職員が5年後、10年後、20年後のその先まで目標を持ち続け、一生働ける職場づくりをおこなっています。

正規職員率91%

さまざまな分野を経験できる施設

「将来の自分」を想像したとき、どんなことを考えますか。どこかのタイミングで、「新しいことにチャレンジしたい」「新しい分野を勉強したい」と考えるのではないでしょうか。「退職をせずに新しいことにチャレンジできる」、「勤務地を変えずに新しい分野を勉強できる」。一生働ける安心が江古田の森にあります!

さまざまな分野を経験できる施設